REIT(不動産投資信託証券)

REIT(不動産投資信託証券)とは

REIT(不動産投資信託証券)とは、オフィスビル、マンション、倉庫等の不動産を中心に運用される投資信託です。不動産の賃貸収入や売却益により生じた収益から、維持管理費用等を差し引いた利益を投資家に配分します。通常の投資信託と同様、複数の不動産物件に投資することで、分散メリットがあります。
通常の株式と同様、証券取引所で立会時間中に売買ができます。信用取引も可能です。
REITは「Real Estate Investment Trust」の略です。

上場REIT一覧

東京証券取引所:上場REIT一覧

REIT(不動産投資信託証券)のリスク

価格変動リスク 不動産投資信託は、組み入れた不動産等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。不動産投資信託の価格及び配当は、同不動産の価格変動、収益の変動、毀損・損失等の影響を受けます。
信用リスク 発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
その他リスク 関連する法令(税法等)の運用・将来的な変更によっては、当初予定していた経済効果が得られないことがあります。また、通常の国内株式、出資証券同様の投資リスクがあります。

 国内株式の委託手数料について

手数料には「一般コース」「ハイパーアクティブコース」の2つのコースがあります。
各コースの手数料の詳細はこちらをご覧ください。

 上場有価証券等のお取引にあたってのリスクについて

  • 上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、再生可能エネルギー発電設備、公共施設等運営権、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。
  • 新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。また、新株予約権証券は、あらかじめ定められた期限内に新株予約権を行使しないことにより、投資金額全額を失う場合があります。

※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。


エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.